アクセスカウンタ

<<  2017年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


2017年7月 の 鳥 香櫨園浜

2017/07/31 17:58
 梅雨も明け、入道雲が沸き立つ7月も、真夏日が続くひと月が
 経過し、台風の発生で、大気が不安定な日が続くと思ったら、

 月末になり、月末恒例の、月度鳥情報をお届けすることに。

 夏鳥のコアジサシは上旬頃に見られなくなり、ウミネコが登場。

画像

 夏鳥のササゴイの姿は見られますが、この時期はカルガモや
 コサギ他サギ類にカワウ等の留鳥が主で、シギ・チドリ類は、

 シロチドリにコチドリ程度で、種類数も飛来数も少ない7月で。

   *** 2017年7月 香櫨園浜 鳥情報 ***

 @マガモ Aカルガモ Bキジバト Cカワウ Dササゴイ Eアオサギ
 Fダイサギ Gコサギ Hコチドリ Iシロチドリ Jウミネコ 
 Kコアジサシ Lミサゴ Mトビ Nカワセミ Oハシボソガラス
 Pハシブトガラス Qツバメ Rヒヨドリ Sムクドリ 21)イソヒヨドリ
 22)スズメ 23)ハクセキレイ 24)セグロセキレイ 25)カワラヒワ
記事へトラックバック / コメント


カワセミ に ササゴイ 魚採れたかな 夙川河口 香櫨園浜

2017/07/31 14:16
 青空も入道雲も、ちょっと霞んだ晴れで、とても蒸し暑い香櫨園浜。

 小潮の干潮(8:52)からの時間帯、干潟の6羽のウミネコを見て
 いたら、夙川河口にササゴイが飛来。カワセミも、魚採りの様子見。

画像

画像

 少し出た石積みで、魚を狙うササゴイの様子を見ていたかのように
 石積みにも降りて来ましたが、魚を採る行動は見られませんでした。

 ということで、シギ・チドリ類には出会えませんでしたが、香櫨園浜
 では珍しく、夏鳥のササゴイの飛来期に、同時にカワセミも登場し。
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ お隣の 今津港 と 甲子園浜で 出会う 香櫨園浜は

2017/07/30 13:40
 今日も用事のついでに、ササゴイはいるかな、と、今津港(今津西浜)
 に寄ってみますと、なんと、4羽いて、それぞれ離れて、魚を狙って。

画像

 1羽は、積まれた土砂で浅瀬になった場所で、魚が採れていました。

画像

 他の2羽は離れて、工事中の矢板の側板上で、粘り強く魚を狙って。

 今津港を見て帰る予定でしたが、甲子園浜のササゴイはどうかなと
 気になり、足を伸ばすと(近くですが)、着いた時はいなかったですが

画像

 約1時間後に、西宮市甲子園浜自然環境センター前辺りで出会えて。

 この後、すぐに西の方に飛んで行きました。どこへ移動したのかは?
 ですが。再度、今津港を見渡しますと、4羽はいず、1羽だけでした。
記事へトラックバック / コメント


キアシシギ 2羽と出会う お隣の甲子園浜で 香櫨園浜でなく

2017/07/29 15:12
 用事で出かけた帰り、お隣の甲子園浜にちょっと寄ってみました。

 小潮の満潮(10:47)時を過ぎた頃になり、ササゴイもウミネコも
 いないようと、西宮市甲子園浜自然環境センター前辺りを、見渡し

画像

 ていると、期待していなかった、旅鳥のキアシシギ2羽と遭遇して。

 2羽寄り添った全身を記録したかったのですが、少し離れていて。

画像

 盛夏も本番になりますが、暦の上では立秋(8月7日)も近づく候、
 旅する野鳥は、一足早く秋を迎えているのではと思ってしまいます。

 香櫨園浜でも年により異なりますが、7月末頃から、旅鳥のシギや
 チドリ類、アジサシ類など、少数少種ながら、出会う時もあります。
記事へトラックバック / コメント


ウミネコ は 2羽いたけれど 満潮時の干潟 香櫨園浜 

2017/07/28 14:27
 夜の雨も上がり、曇りから晴れ間も、蒸し暑くなった香櫨園浜。

 満潮(9:57−中潮)時の干潟、少し出始めた西側の干潟周辺
 は、カヌーが上陸し、カワウやコサギにアオサギは、ほとんどが

画像

 いなくなり、2羽いたウミネコとカワウの一部が、東側に移動する

画像

 も、こちらも人が入ってきて、落ち着かない様子が続いていました。

 ということで、移動しながらも元気なのは、27羽のカルガモでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 昨日も紹介しました、香櫨園浜近くのマガモ風親子ですが、親は
 いましたが、子ガモの姿なく!?。離れることはないはずですが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事へトラックバック / コメント


マガモ風親子 子ガモ1羽 今日も同じ場所にいて 香櫨園浜近く

2017/07/27 13:29
 昨日に紹介しました、マガモ風親子はどうしているかなと、香櫨園浜
 に着く前に寄って見ますと、同じ場所でゆったりと過ごしているようで。

 満潮時からのせいか、ササゴイの姿はなく、子ガモが元気に活動して。

画像

 カラスもアオサギもいなくて、狭い場所で、親ガモも付きっ切りでなく。

画像

 ということで、潮位が高い時間帯だったからか、今日は香櫨園浜でも
 ササゴイの姿はなく、ウミネコが3羽で、目立つのはカルガモでした。
記事へトラックバック / コメント


マガモ親子かな 子ガモ1羽 ササゴイとも仲良く 香櫨園浜近く

2017/07/26 17:51
 昨日、ササゴイがいたことを紹介しました、香櫨園浜の東端近く
 の入り江に、カルガモでなくマガモの雌に見える1羽がいるのが

 気になっていて、寄って見ますと、あらら何と、子ガモが1羽いて。

画像

 親が同じなら、昨日以前は気づきませんでしたが。見落としかも。

 猛暑の時期の子育て、5月頃の気候の方が、良いように思えますが。

 今日は香櫨園浜で、2羽のササゴイが飛来したことを先に紹介しま
 したが、帰りに寄って見ますと、ササゴイが1羽いて、マガモらしき

画像

 親子の近くに降りて、魚を狙い始めました。この場所も餌場のようで。

 ちなみに、先に寄った時には、同時ではなかったですが、ササゴイが
 2羽、南の方に飛ぶ姿を見ました。干満で餌場を、変えているのかも?。
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ 2羽 飛来も 魚採りは1羽だけ 香櫨園浜

2017/07/26 14:11
 まだ不安定な天候も、朝から晴れて、また暑くなった香櫨園浜。

 少し出た干潟には、カルガモとコサギが主で、ウミネコ1羽だけ
 50羽程いたカワウも殆ど飛び去り、西端の堀切川付近を確認

画像

 すると、ササゴイが粘り強く、魚採り。近くには、アオサギが2羽。

 河口の干潟に戻ろうとしたら、芦屋市の方から、もう1羽が飛来。

画像

 1羽が魚採る護岸に降りて、ツーショットを期待も、干潟の方へと。

 残念ながら、干潟や夙川河口周辺には、ササゴイの姿はなくて。
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ 夙川河口にいたけれど どこかへ移動して 香櫨園浜 

2017/07/25 14:11
 雨後の雲、暑さは少しましな体感も、雨がまた降りそうな香櫨園浜。

 干潮(14:27)にはまだ早い時間帯、ウミネコが3羽。少し引き出し
 た夙川河口にササゴイが飛来し、河口よりかなり北で、魚狙いを。

画像
 
 魚を採ったけれど、長く滞在せず。近くの電線に止まり、河口の方を

画像

 様子見していたので、干潟に移動するかと期待も、東の方へ飛び去る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 帰りに寄った、香櫨園浜の東端近くの入り江に、ササゴイが1羽いて。

画像

 香櫨園浜の河口で記録した個体と同一かどうか?ですが、河口から
 飛び去った方向とはほぼ一致し、距離もさほど離れた場所でもなく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事へトラックバック / コメント


ウミネコ と シロチドリ 少数 カワウが並ぶ 大潮の干潟 香櫨園浜

2017/07/24 14:32
 蒸し暑く、雨が降るかなと、防雨の用意をして出かけた香櫨園浜。

 海上遠く、久々にコアジサシが1羽見えた!けれど、干潟近くに
 来ずに消え去り、ウミネコが3羽姿を現し、2羽が干潟に降りて。

画像

 干潟に目をやると、50羽程のカワウが並び、シロチドリが1羽。

画像

 カワウが殆ど飛び去ると、やはり目立つのは、カルガモとコサギ。

 コアジサシは再度飛来せず、夙川河口に期待のササゴイの姿もなく、
 ウミネコも増加せずの、大潮の干潮(13:45)前の、香櫨園浜でした。
記事へトラックバック / コメント


シロチドリ は 飛来も 旅鳥はまだ時期早々かな 大暑の候 香櫨園浜

2017/07/23 14:20
 今日は曇りも、梅雨も明け、入道雲も現れる、大暑の候の香櫨園浜。

 シロチドリはいるけれど、コチドリは少なく、旅鳥のシギ・チドリ類や
 アジサシ類、夏鳥のコアジサシの幼鳥が、少数でも干潟に飛来する

画像

 候にはまだ早いのでしょうか。夏鳥のササゴイにも、あまり出会えず

 この時期の香櫨園浜は、四季を通じて見られる、カルガモにカワウ、
 サギ類のアオサギ、コサギ、ダイサギがメインで、猛暑が続きます。
 
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ 炎天下の魚採り お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく

2017/07/22 14:52
 朝から暑過ぎる!けれど、香櫨園浜はお休みにして、お隣の
 甲子園浜を、炎天下を無理せず、ちょっとだけの散歩をして。

 大潮(干潮12:18)で、西宮市甲子園浜自然環境センター前
 の磯場も広がり、岩礁帯に並ぶカワウを見ていたら、ササゴイが。

画像

 小さな範囲を移動して、かなり効率良く、大小の魚を採っていて。

画像

 東端の環境省特別鳥獣保護区(西宮市生物保護区)のメイン干潟
 も大きく出て、ウミネコが打ち揚がりの大きな魚を物色も、アオサギ

 がやって来て、離れてしまう。周囲には、ダイサギ、カルガモ、カワウ
 がいましたが、見れる範囲を確認も、シロチドリにコチドリの姿はなく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今津港にも寄ってみましたが、今日は、ササゴイには出会えずでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事へトラックバック / コメント


トビ 舞う 真夏のかき氷雲 干潟も 猛暑の 香櫨園浜

2017/07/21 14:07
 猛暑の夏休み、熱中症対策か、比較的人出が少ない香櫨園浜。

 シロチドリにコチドリを期待したけれど、姿なく、青空に沸き立つ
 雲に、ミサゴでなくトビが舞う。打ち揚がる魚を狙っているような。

画像

 干潟の夙川の流れで餌採る、カルガモとアオサギ。ダイサギと
 コサギもいたけれど、目立ったのは、25羽いたカルガモでした。

画像

 ウミネコも飛来せず、野鳥観察にはスローな時が流れ、かき氷
 が食べたくなった、とても暑い、中潮の干潮(11:34)頃でした。
     
記事へトラックバック / コメント


ウミネコ や ダイサギ も 休む 干潮時 夙川河口 香櫨園浜

2017/07/20 14:19
 梅雨が明けた昨日から、朝からたまらなく暑くなった香櫨園浜。

 中潮の干潮(10:48)時、今日もなぜか1羽だけのウミネコが
 採餌していた干潟から、夙川河口でひと休み。カルガモを威嚇?。

画像

 南側にダイサギが来て、羽の手入れを。アオサギは5羽、コサギ
 が7羽いたけれど、ダイサギは1羽だけ。ササゴイの姿はなくて。

画像

 東西の干潟の先端には、カワウが60羽超。青色の標識足輪
 ”491”と”438”だけ確認できましたが、最近された標識かも?。

 今日はシロチドリの姿なく、ミサゴも舞わなかった、炎天下でした。
記事へトラックバック / コメント


シロチドリ と ウミネコ アオサギも 梅雨明けの干潟 香櫨園浜

2017/07/19 13:47
 真夏日の快晴、大きな雲が沸き立ち、梅雨が明けた香櫨園浜。

 若潮の干潮(10:02)時、シロチドリとウミネコが1羽づつだけ。

画像

 アオサギは4羽いたけれど、コサギは少なく、ササゴイの姿なく。

画像

 ウミネコはもう1羽飛来したけれど、なぜか1羽だけがまた戻り。

 干潟に、犬が放され(禁止!)、シロチドリは行方不明に。70羽超
 いたカワウは、入道雲を背景に、西の空を旋回し、東へと飛び去る。
記事へトラックバック / コメント


ウミネコ 200羽超 若鳥も混ざり 雨降った 夙川河口 香櫨園浜

2017/07/18 14:53
 雨が降り出しそうと、雨具を持参で出かけた、長潮の香櫨園浜。

 ウミネコは1羽だけだったけれど、雲行きが怪しくなり、雨が降り
 出した11時過ぎ、どこから来たのか、いつの間にか200羽超に。

画像

画像

 夙川河口で水浴びし、少し休息後、続々と河口東西の干潟に上陸。

画像

 目立つ多さではなかったですが、若鳥や茶色の幼羽の個体もいて。

 雨が止み出した12時頃、一斉に舞い上がり、またどこかへ消えて。
 しばらくして、2羽だけ干潟に戻りましたが、その後はどうだったか?。

 ミサゴが1羽飛来もすぐに移動し、ササゴイの姿はなく、カワウが
 70羽超、芦屋市側で休息。シロチドリが2羽、コチドリの姿はなく。
 
記事へトラックバック / コメント


海浜植物ハマボウ 開花 実験植栽 の 西宮の海浜 香櫨園浜でなく

2017/07/17 16:49
 兵庫県の絶滅危惧指定種で、絶滅の危機に瀕しているAランクの
 海浜植物ハマボウ(アオイ科の落葉低木)。兵庫県内の自生群落

 では、洲本の成ケ島の最大群生地が有名ですが、生物多様性の
 観点から、希少植物を保護する試みで、西宮の海浜に14年6月に

画像

 植栽された株が、黄色い花を涼しげに咲かせています。4年目の夏
 に開花か?、昨年はつぼみは見ましたが、花はどうだったのでしょう。

 5輪ほどしか咲いていませんでしたが、つぼみもありまだ咲き出すかも。

画像

 朝に開花して、夕方にしぼむ、一日花だとか。大きく育ち、枝が広がり
 うっそうと茂る、群落を形成するには、かなり長い年月を要すのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 香櫨園浜もこのような、海浜や干潟における希少生物の保護による
 植栽等の場所に、選ばれればいいのですが、過度の除草や清掃に

 による掘り返しが後を絶たず、保護できる良好な環境には遠いようです。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ 魚採り ウミネコ 上空に 今津港 香櫨園浜のお隣

2017/07/17 12:17
 新水門工事中の今津港、一昨日に寄った時は、ササゴイの姿が
 見られませんでしたので、きっと居るだろう!?と、立ち寄りました。

 水門の工事場所を囲う、矢板の側板上で、粘り強く魚を狙っていて。

画像

 上空にカモメ類が飛来。ウミネコでしたが、湾内には降りて来ずで。

画像

 ウミネコを記録していたら、ササゴイが魚を採りましたが、食べた後で。

 カワウとアオサギが少数休み、ミサゴとダイサギが東へ海上を通過。

 しばらく、ササゴイが魚を採らないかと待つも、今日は不漁のようで。
 
記事へトラックバック / コメント


コチドリ も 飛び去って 連休中 の 香櫨園浜

2017/07/16 14:22
 真夏日の暑さだけれど、海も陸も人出が多い、連休中の香櫨園浜。

 少し出た小潮の干潟に、コチドリ1羽。飛び去る前に、慌てて記録。

画像

 ウミネコも1羽だけ舞っていましたが、降下せずどこかへ消え去る。

 干潟の石積にいた、カワウにアオサギも飛び去り、コサギの姿なく、
 20羽ほどのカルガモも、河口北の浜夙川橋(臨港線)辺りに集まる

画像

 も、左岸(東側)は、犬の散歩等の通り道になっていて、落ち着かず。

 ということで、休日の野鳥等の自然観察は止めて、帰路へとでした。
記事へトラックバック / コメント


マガモの子 大きくなった6羽かな お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく 

2017/07/15 14:12
 朝から暑い真夏日だけど、先週末はお休みとなり、二週間振り
 となった、お隣の甲子園浜を、水分補給をしながら、また散歩に。

 小潮の満潮時だったからか?、ササゴイの姿なく、目立っていた
 カワウと飛び交うツバメを見ながら、東端の鳴尾川河口付近で、

画像

 2日に6羽紹介しました、かなり大きくなったマガモと思われる!
 子が6羽、越夏している、スズガモやキンクロハジロと一緒にいて。

画像

 2羽は、砂浜の海浜植物、ハマダイコン、ツルナ、オカヒジキなどが
 群生する植物帯で休息中。親と思われる、マガモの雌が近くに1羽。

 ということで、ササゴイには出会えず。ちなみに、ササゴイの姿を良く
 見かける、今津港(今津西浜)に寄って観ましたが、ここもカワウだけ。
 
記事へトラックバック / コメント


カワラヒワ 何か食べているのかな 夙川河口 香櫨園浜

2017/07/14 14:35
 梅雨明けに関係なく、猛暑になった、7月も中旬の香櫨園浜。

 少し出た夙川河口の石積に、カワラヒワが降りて、食事かな。

画像

画像

 カワラヒワは、香櫨園浜では四季を通じて出会う、陸鳥の小鳥。

 主食は草の種子とか。河口や砂浜に降り立つ姿を見かけますが
 何を採餌しているのやら。流れ着く種子は、数え切れないくらい

 の数でしょうが、好みとされるヒマワリの種は、多くあるでしょうか。
記事へトラックバック / コメント


海浜植物ハマゴウ 夏に咲く 梅雨明けも近い候 香櫨園浜

2017/07/13 15:27
 少し霞む空も、朝から晴れて真夏日、とても暑くなった香櫨園浜。

 涼しげな薄紫花を夏に咲かせる海浜植物ハマゴウが、群落一面
 に、そしてまだ小さな株にも花が咲き、砂浜に涼を届ける季節に。

画像

 干潟の石積みを遠景に記録していたら、1羽だけだったアオサギ

画像

 が2羽飛来。アオサギは一緒にいることは少なく、分散してまた1羽。

 満潮(9:05)からの時間帯、今日はウミネコの姿なく、カワウも10羽
 ほどで、コサギも少なく、カルガモは夙川河口の北側で休息中でした。
 
記事へトラックバック / コメント


ウミネコ 1羽 カワウ200羽超 ササゴイ 海上通過 香櫨園浜

2017/07/12 13:40
 朝から雨降りと思ったら、晴れ間も出るも、蒸し暑い香櫨園浜。

 少し引いた干潟の先端に、ウミネコが1羽、ダイサギが近づいて。

画像

 カワウが200羽超、干潟で休息中も、釣り人とカヌーが近づき

画像

 海上へ分散。ウミネコも飛び上がるも、また干潟の先端に降りて。

 ササゴイが1羽、東から海上を通過しましたが、西端には下りず。

 お昼が近づくにつれ、雲行きあやしく、雨が降り出す。天気予報で
 は、雷雨に注意。雷が苦手な浜の遊人さん、小雨も帰路へでした。
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ アクロバットの魚採り 水門工事中の今津港 香櫨園浜のお隣 

2017/07/11 14:18
 新川の新水門を工事中の今津港ですが、浚渫の作業はなく、
 ササゴイが魚を採っているのではないか、と、寄ってみました。

 カワウが1羽だけかなと、再三見渡すと、ササゴイが魚を追い
 浚渫の土砂上に、ようやく全身が見えて、移動先を探すようで。

画像

 湾内を囲う矢板の側板上を移動しながら、魚を狙いダイビング。

画像

 水中には入りませんが、魚をゲット。かなりアクロバットのようで。

 ササゴイは1羽だけで、コアジサシも飛び交っていませんでした。
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ が 魚採る餌場 カワウやコサギがお邪魔かも 香櫨園浜

2017/07/10 14:07
 雨は止んで明るくなったけれど、雨具持参で出かけた香櫨園浜。

 カワウにコサギが魚を追っているなと、夙川河口西側を確認して
 いると、西端にササゴイが1羽、粘り強く、魚を狙っていました。

画像

 魚を追っていたカワウとコサギの一部が、護岸に上陸して、休息。

 ササゴイが魚を狙う、水面近くで泳ぐカワウもいて、ササゴイは、

画像

 護岸を登り、この後、西の芦屋市方面ではなく、東へ飛び去って。

 干潟や夙川河口周辺を見渡すも、ササゴイの姿はなく、100羽程
 いたカワウも殆どが東へ飛び去り、カルガモとコサギが目立って。
記事へトラックバック / コメント


シロチドリ だけ ササゴイもお休みか 日曜の 香櫨園浜

2017/07/09 14:03
 雨が降ると思って、日曜だけれど、干潮前に出かけた香櫨園浜。

 お昼前頃には干潟周辺の人出は減ったけれど、夙川河口にも
 ササゴイの姿なく、2羽いたシロチドリは、干潟東西を行き来して。

画像

 トビ舞うも、ミサゴやコアジサシの姿なく、コサギも河口北で採餌。

画像

 東から70羽程のカワウの群れが来るも、旋回して、また東へと。

 曇り勝ちで山もぼんやり、蒸し暑い日曜、大潮の香櫨園浜でした。
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ 2羽いると 雌かな雄かな どうかな と 香櫨園浜

2017/07/08 15:33
 香櫨園浜に飛来する夏鳥の代表は、コアジサシとササゴイですが
 コアジサシも繁殖地の近くへ、移動したのか、飛来が極まれになり

 ササゴイは夙川河口や干潟周辺で、必ずしも出会える(常時)とは
 限りませんが、珍しく2羽に出会うと、カップルかなと、思いますが。

画像

画像
 
 上の個体が雄?、下の個体より大きく見えて、黄色い足に赤味が?。

 2羽揃って、西へ飛び、芦屋市の市街の方に、消えて行きました。
 どこか樹木の多い場所に、生活圏があるのかどうか?。何処へ?。
 
記事へトラックバック / コメント


ミサゴ ホバリング 干潟では シロチドリが羽づくり 香櫨園浜

2017/07/07 14:47
 曇り勝ちに晴れ間も一時小雨、不安定な梅雨空の香櫨園浜。

 干潟や夙川河口周辺には、ササゴイの姿なく、コアジサシも
 飛ばず、多いカワウにコサギを見ていたら、ミサゴが飛来して。

画像

 降下しての魚採りを期待も、また旋回して東に移動してしまい。

 干潟には、今日もシロチドリが。5羽はいなくて、2羽だけ休息。

画像

 水浴びの後、羽の手入れをして、2羽揃って、餌を採っていました。

 ミサゴはもう1羽飛来しましたが、これもすぐに、東へ飛び去って。
記事へトラックバック / コメント


ナルトビエイ のよう 打ち揚がる 漂着したのかな 香櫨園浜

2017/07/06 16:41
 波打ち際の貝やカニ類、海浜植物の群落を見歩いていたら、
 何やら大きな生物が打ち揚っていて。ナルトビエイのようです。

画像

 かなり劣化していて、尾も切れて、茶黒っぽい表面も白くなり。

画像

 浜の遊人さんが、香櫨園浜で初めて、ナルトビエイが打ち揚がって
 いるのと出会ったのは、たしか07年6月。以降毎年ではないです

 が(見落としもあり得ます)、昨年は11月に打ち揚がっていました。

 さほど昔!ではなく、西宮の海浜で打ち揚がるようになったエイの
 仲間。今回は1mくらいの大きさ。外海では、生息しているのかも。
記事へトラックバック / コメント


シロチドリ 餌採る干潟 コアジサシにササゴイの姿なく 香櫨園浜

2017/07/06 14:17
 やや霞勝ちも、大きな雲に晴れた空、蒸し暑い真夏日の香櫨園浜。

 大潮前の中潮、野鳥のお邪魔をしないよう、干潟の生き物をざっと
 見していたら、絶滅危惧種のシロチドリが、河口東西に分かれ5羽。

画像

 12羽いたカルガモの一部も、干潟の浅瀬へ移動して、盛んに採餌。

 河口にササゴイの姿なく、海上にもコアジサシは飛ばず、目立つのは

画像

 多いコサギに、ダイサギ、アオサギ、干潟で休んでいた100羽超いた
 カワウ。カワウはまた魚を追い始めましたが、コアジサシはやって来ず。

 雨中の昨日に飛来したウミネコも見られず、種類は少ない干潟でした。
記事へトラックバック / コメント


ウミネコ 飛来 コアジサシにササゴイも 降り続く雨 の 香櫨園浜

2017/07/05 14:40
 台風一過の晴れにはならず、小雨に時々大雨も降る香櫨園浜。

 150羽超いたカワウもほとんどが飛び去り、雨が強くなって来た
 干潮(11:28−中潮)近く、おやおや、ウミネコが1羽飛来して

画像

 しばらくすると、6羽になり。4羽は幼羽の残る、若鳥だったようで。

 コアジサシも5羽だけでしたが飛来し、干潟の先端で、ウミネコと。

画像

 ウミネコは夙川河口に入り、水浴びも。コアジサシは盛んに魚採り。

 強い雨で見難かった干潟や河口、再度確認すると、ササゴイが1羽。

画像

 河口の北側へ、入り込んでいたようで。9時過ぎには、西端付近で
 2羽に出会いましたが、それのどちらか1羽と同じかどうかは?です。

 ミサゴが、雨中に1羽舞う。シロチドリも1羽だけ、干潟で休息中でした。
記事へトラックバック / コメント


コアジサシとササゴイ 飛び去る カワウとコサギ 魚追うも 香櫨園浜

2017/07/04 13:44
 台風3号の影響か、風吹いて、雨が降りそうだった午前の香櫨園浜。

 ササゴイがいる、と、浜夙川橋(臨港線)から河口を見て、大急ぎで
 到着も、すでにササゴイの姿はなく、数少ないコアジサシが、魚を

画像

 追うカワウの群れとコサギの上空で、様子を見ているようでしたが

画像

 どこかへ移動したのか、行方不明に。ササゴイもどこへ行ったのやら。

 ということで、台風の影響ではないですが、用事があり時短で帰路へ。
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ と シロチドリ 長潮の干潮時 真夏日の 香櫨園浜

2017/07/03 14:13
 朝から蒸し暑く、クマゼミが鳴き出し、真夏日になった香櫨園浜。

 干潟に降りた3羽のコアジサシもいなくなり、西端にササゴイが。

画像

 夙川河口へは飛ばずに、芦屋市側の樹木に姿を消してしまい。

 再度干潟を確認すると、シロチドリが1羽だけ、採餌中でした。

画像

 西側の小干潟で休息していた、50羽程のカワウもいなくなり、
 カルガモも河口で休息中で、動きのあるのはコサギにアオサギ。

 長潮の干潮(10:38)時、水分補給に留意の香櫨園浜でした。
 
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ 今津港に 水門工事は日曜で休業 香櫨園浜のお隣

2017/07/02 17:30
 今日は甲子園浜では、ササゴイは?で、マガモの子供6羽を紹介
 しましたが、少し立ち寄って見た今津港には、1羽が魚を狙って

 いて、浚渫された土砂の影から姿を現し、遠距離の不鮮明でしたが

画像

画像

 ようやく記録ができました。のも、束の間、急に飛び上がって移動。

 コアジサシは、1羽通過。カワウが少数いて、アオサギもいました。
記事へトラックバック / コメント


マガモの子供 親は寄り添ってなくて お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく

2017/07/02 15:00
 朝から夏日の体感、真夏日になりそうと、マガモの子供はどうしてる
 かな?、ササゴイやアマサギはどうかなと、お隣の甲子園浜を散歩。

 カワウの群れが魚を追っていたけれど、コアジサシは少なく、サギ類
 も多くないなと、東端の鳴尾川河口の北側に移動したカワウを追うと

画像

 先月24日に紹介しましたのと同じであろう!、マガモの子が6羽いて
 カワウの群れに追われるように、砂浜に上陸も、親は近くにいなくて。

画像

 水浴びしていた親ガモと思われる?雌が上陸も、寄り添いには行かず。

 東端周辺には、マガモの雄1羽と雌3羽がいて、カルガモの姿はなくて。

 ということで、マガモは出会えましたが、ササゴイにアマサギは?でした。
記事へトラックバック / コメント


コアジサシ 梅雨の晴れ間に 魚採る 週末の 香櫨園浜

2017/07/01 14:03
 7月のスタートは週末。行楽等の人々には、ひんしゅくを買いそう
 ですが、雨降ればまたアマサギを期待も、晴れ間も出た香櫨園浜。

 予想通り、小潮の干潟周辺には、サギ類にカワウ、カルガモの姿
 はほとんどなく、人出に負けず、魚を追うコアジサシが15羽ほど。

画像

 海上でも、ヨットやカヌー等のいない空間を、盛んにダイビング降下。

画像

 背後の山並みには、暗雲がかかり、雨降りの地域もあるような空が。

 雨は降ってきませんでしたが、帰路へ。少し蒸し暑い香櫨園浜でした。
記事へトラックバック / コメント


<<  2017年7月のブログ記事  >> 

トップへ

香櫨園浜 鳥だより 2017年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる