アクセスカウンタ

香櫨園浜 鳥だより

プロフィール

ブログ名
香櫨園浜 鳥だより
ブログ紹介
兵庫県西宮市。香櫨園浜(夙川河口鳥獣保護区)の野鳥や
海浜植物他、身近な浜の生物や浜の様子等を、四季折々
「鳥たちのブログ」として、”思いのままに雑記” していければ
いいな と 思っています。
zoom RSS

ホオジロガモ ウミアイサ も いたけれど 波高い お隣の甲子園浜 香櫨園浜は

2017/12/17 15:05
 西宮市にも、強風・波浪・乾燥の注意報、気温も低く風冷たい中
 お隣の甲子園浜を週末散歩に。ホオジロガモやウミアイサはと。

 10時半頃<大潮(干潮12:21ー潮位85)>、東端近くのメイン
 干潟は水没で波打って、ようやく、ホオジロガモ3羽が見えて!。

画像

 遠距離も辺りを見回すと、ウミアイサがシルエットで浮上、雌かも。

画像

 ホオジロガモがもう1羽離れていて、もっといたのかも知れませんが
 カンムリカイツブリとかなり増えたかも?の、ハジロカイツブリがいて。

画像

 この場所から、遊歩道を進むと見える、鳴尾川の河口南側海域には、
 海ガモのホシハジロの大群はいなくて、波風を避けるように北側に入り

画像

 込んでいました。ヒドリガモ他の陸ガモも南側にはほとんどいなくて。

 ということで、ホオジロガモもウミアイサもいた!という程度の記録に。
記事へトラックバック / コメント


ハマシギの群れ 飛び交う干潟 12月中旬の大潮 香櫨園浜

2017/12/16 16:00
 曇天も雨は降らず、週末だけど、ハマシギも気になり香櫨園浜へ。

 今週は連日ハマシギを記録し、昨日は300羽超でしたが、今日は
 増えて400羽ほどの飛来に。夙川河口東西の干潟記録も忙しくて。

画像


画像

 一斉の乱舞は待てど少ないですが、分散して採餌移動時は群れで。

画像


画像

 土曜の休日で、砂浜の人出は平日より多かった(特に河口東側)です
 が、寒さが幸いか?河口や干潟周辺は人出が少なく、ハマシギ他が

 餌を採る環境を比較的良好に提供できていたようで。干潮は11:44。
 
記事へトラックバック / コメント


ハマシギ 徐々に増え 300羽超 賑わう 冬晴れの干潟 香櫨園浜

2017/12/15 15:37
 寒いけれど、少し気温が上昇か、昨日までより暖かい体感の香櫨園浜。

 10時頃(干潮11:05−中潮)、ハマシギは昨日と同様に50羽程かな、
 と見渡していたら、50羽、100羽程の群れが続々飛来し、300羽超に。

画像

 休憩中のセグロカモメもびっくり、というところでしょうか。夙川河口西側。

画像

 採餌前に、河口に近い夙川の流れで、水浴びする群れも。河口東側。 

 干潟に入り込み、河口で西へ方向転換し、海上を西から東へ行く群れも。 

画像

 猛烈に採餌する群れの一例。比較的波打ち際に近い場所、河口東側。

画像

 昼頃には、まだ大きな群れが分散して採餌していましたが、その後は?。

 海上には、少数ですが海ガモのホシハジロとスズガモがいて、カンムリ
 カイツブリと遭遇する時も。ミサゴが飛来するも、すぐにどこかへ移動し。
 
記事へトラックバック / コメント


ハマシギ と シロチドリ 採餌 ユリカモメ 休息 低温続く 香櫨園浜

2017/12/14 15:19
 一昨日からの気温低下、体は慣れず、やはり厚い防寒の香櫨園浜。

 連日飛来するハマシギの小群れ、今日は50羽超が分れて採餌し。

画像

 夙川河口に入った群れは、せわしなく水浴びして、猛烈な勢いで採餌。

 干潟の先端に目を移すと、シロチドリが2羽、ここもハマシギが採餌中。

画像


画像

 ユリカモメが休む干潟の波打ち際は、一部のハマシギの群れが移動。

画像

 先月に確認した青色”OG”と、今シーズン初の黄色”PV”の足輪標識
 個体を確認。ユリカモメは120羽超と多くなく、ウミネコも数羽程度で。

 海上には2羽だけでしたが、カンムリカイツブリがまた記録できました。
記事へトラックバック / コメント


ハマシギ の 小群れ 食欲旺盛 若潮の干潟 香櫨園浜

2017/12/13 16:59
 冷え込むも、昨日ほどの強風吹かず、青空に大きな雲の香櫨園浜。

 朝の用事に手間取って、すっかり出浜!が遅くなった10時半頃
 (干潮ー9:34)、ハマシギの30羽ほどの小群れが、盛んに採餌。

画像

 干潟の先端では、ユリカモメの群れに隠れたり、ヒドリガモと採餌し。

画像


画像

 昼頃には、夙川河口で採餌中の4羽が残り、シロチドリも4羽いました。

 波浪だからか?ですが、昨日に続き、海上にはホシハジロ他の海ガモ
 やカンムリカイツブリの姿なく。ミサゴが飛来するも、魚採る動きなくて。
 
記事へトラックバック / コメント


ハマシギ も ユリカモメ にも 寒風吹く 気温急降下の 香櫨園浜

2017/12/12 14:12
 防寒は充分にしたけれど、強風寒く、歩む足も、ちじみあがる香櫨園浜。

 ちょっと出遅れて干潮(8:31−長潮)から1時間程過ぎた頃、ハマシギ
 の群れ、昨日より少なく、50羽程が分散して、採餌したり、風避けたり。

画像

 夙川河口にも10羽ほどが来て、それぞれなりに寒風下で過ごす姿が。

画像

 ユリカモメは多くなく100羽程、干潟と河口を行き来し、河口に集まる。

画像

 シロチドリが干潟をちょろちょろ移動も、10羽いた昨日ほど多くはなくて。

画像

 波打ち際で休むオナガガモに波が打ち寄せ、、餌採るヒドリガモも波乗り。

 ミサゴ飛来も降下せず、西宮市にも、強風・波浪・乾燥注意報が出ていて。
記事へトラックバック / コメント


ハマシギの群れ去り シロチドリと少数残る 小潮の干潟 香櫨園浜

2017/12/11 15:30
 昼間は気温が上がるかなと思ったけれど、風が冷たかった香櫨園浜。

 11時に近づいた頃、干潟も目に見えて満ちて来て(干潮7:17、満潮
 15:00)、120羽超いたハマシギも徐々に減り、少数が風避ける干潟。

画像


画像

 シロチドリは10羽いたのですが、この時は6羽で、ハマシギは8羽だけ。 

 ハマシギの群れは去る前、夙川河口東西の干潟を行き来していました。

画像


画像

 海上のカンムリカイツブリも少なく、ハジロカイツブリの姿もなく。海ガモ
 もホシハジロが10羽ほどの少なさ。けっこう海上は、波立っていましたが。

 暗雲が広がって来た上空には、ミサゴが舞うも、魚採り降下は見られず。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

香櫨園浜 鳥だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる