アクセスカウンタ

香櫨園浜 鳥だより

プロフィール

ブログ名
香櫨園浜 鳥だより
ブログ紹介
兵庫県西宮市。香櫨園浜(夙川河口鳥獣保護区)の野鳥や
海浜植物他、身近な浜の生物や浜の様子等を、四季折々
「鳥たちのブログ」として、”思いのままに雑記” していければ
いいな と 思っています。
zoom RSS

旅鳥チュウシャクシギ 見つめる先は 増えた冬鳥コガモかな お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく 

2017/09/23 14:05
 秋分の日の土曜祝日、暑さ寒さも彼岸までと言われる通り、朝夕
 ひんやり涼しくなる候、お隣の甲子園浜のカモ類はどうかと散歩に。

 もう出会えない時期かなと見渡していたら、チュウシャクシギの声、
 テトラポットに来てくれましたが、全身見えず!の低位置の記録に。

画像

 見つめる先は、冬鳥のコガモか。50羽超まで、増えていたような。

画像

 ”冬鳥の季節、ぼちぼち南下しようかな”、と、チュウシャクシギ。

 カモ類では、陸鳥のヒドリガモを見かけましたが、越夏個体の中に
 ヒドリガモもいたのではないか?と思いながら、見失ってしまって。
記事へトラックバック / コメント


冬鳥 コガモ 飛来も1羽だけ 小雨が降り出した 香櫨園浜 

2017/09/22 13:56
 朝から雨が降り出しそうな曇天で、気温も低くひんやりの香櫨園浜。

 少し広がった干潟に、ウミネコが5羽、シギ・チドリ類はいないよう、
 カルガモにマガモが多いなと見渡していたら、あらら、コガモが1羽。

画像

 18日にお隣の甲子園浜のコガモを紹介しましたが、香櫨園浜では
 今秋冬、浜の遊人さんの記録では初となり。香櫨園浜では飛来が

 激減種のコガモ(オカヨシガモも)、河口のカルガモの群れに近づく
 も束の間、また東側で採餌していました。ということで、遠距離記録に。

 そうこうするうちに、11時頃から雨がぽつりぽつり。その他の種の飛来
 に期待感もありましたが、今日は濡れたくなかった!ので、帰路へと。
記事へトラックバック / コメント


ウミネコ だけ セグロカモメの姿なく 大潮の干潮時 香櫨園浜

2017/09/21 14:47
 青空に大きな雲も広がり、久々に気持ちよく晴れた香櫨園浜。

 用事を済ませて、到着が干潮(13:36)も近づく頃、今日も
 シギ・チドリの姿なく、ウミネコが1羽2羽と飛来し、6羽になり。

画像

 少し待つも、昨日飛来したセグロカモメは登場せず、干潟の夙川
 の流れで、採餌するアオサギやダイサギに、カルガモにマガモ。

 澄んだ空に、ミサゴの飛来を期待も、トビが舞う姿も見られずに。
記事へトラックバック / コメント


冬鳥 セグロカモメ 飛来 白い頭 まだ夏羽のよう 香櫨園浜

2017/09/20 14:34
 曇りと大気汚染のPM値が高いのか、薄暗い空の香櫨園浜。

 少し広がり始めた干潟に、シギ・チドリ類の姿なく、ウミネコが
 11羽に増えたなと見渡していたら、冬鳥のセグロカモメが1羽。

画像

 まだ白い頭、夏羽の成鳥のよう。香櫨園浜の冬季のセグロカモメ
 は、多くの飛来はなく、単独もしくは少数の記録が多い種です。

 干潟を再三見渡していたら、ツバメが飛んで、コシアカツバメ2羽
 も。上空では、チョウゲンボウがカラスのスクランブルに遭遇して。

画像

 カラス数羽に追われていましたが、振り切って、北の方へ消えて。

 そんなこんなで、シギ・チドリ類は?。干潮(13:01)を待たず帰路へ。
記事へトラックバック / コメント


イソシギ と ウミネコ が いたけれど 大潮 の 香櫨園浜

2017/09/19 14:29
 9月も中旬、朝少しひんやり、昼間の気温も30度を切る香櫨園浜。

 台風通過後の大潮で、シギ・チドリ類に、またユリカモメなど少数
 でも飛来を期待も、イソシギが2羽、ウミネコも2羽だけで増えず。

画像

 イソシギは干潟に1羽、西端に1羽。足を痛めたキアシシギ飛ぶ。

画像

 16日に飛来したユリカモメはどうしたのでしょうか。1羽も姿なく。

 トビが3羽舞うも、ミサゴの登場なく。イソヒヨドリが河口と西端に3羽。
記事へトラックバック / コメント


冬鳥 コガモ 渡来かな 旅鳥キアシシギと お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく

2017/09/18 15:09
 台風18号も近畿を過ぎ、台風一過の青空に、いつもの香櫨園浜の
 様子も気になりますが、休日(敬老の日)につき、お隣の甲子園浜へ。

 一昨日の香櫨園浜には、冬鳥のユリカモメが飛来し、ウミネコも多く
 いましたので、甲子園浜はどうかと見渡すも、ウミネコが1羽だけで。

 冬鳥のカモ類では、コガモがもう飛来したようで、20羽超はいました。

画像

 飛来当初は、雄が雌様で、雌雄判り難く?。雄のエクリプス羽かな?。

 キアシシギが休息中に、お邪魔します!のこの個体は、雌でしょうか。

画像

 キアシシギはもう1羽、テトラポットの上で、日向ぼっこ?の休息でした。

 イソシギ以外のシギ・チドリ類は、?でした。海上遠く数羽飛ぶも??で。

画像

 ということで、目立ったのは、カワウに、ダイサギ多く、アオサギの群れ。

 ミサゴが3羽、交代するように、魚を採って、山方面に上昇していました。
記事へトラックバック / コメント


冬鳥ユリカモメ 飛来 旅鳥ハマシギ も 雨と風の 香櫨園浜

2017/09/16 13:45
 台風18号の影響か、雨が降り続き、普段より風が吹く香櫨園浜。
 
 干潮(10:26)へ向う時間帯、若潮も大潮が近く、広がる干潟に
 70羽超のウミネコに混ざり、30羽超のユリカモメが。冬鳥の登場。

画像
 
画像

 今日飛来していた集団では、もう頭黒の夏羽はいなくて、白黒まだら
 な成鳥の夏冬中間羽の個体も少なく、遠目では白く見える個体多く。

 シギ・チドリはどうかなと、やや視界不良好の中、再三見渡すも?と
 思った10時を過ぎた頃、ハマシギが30羽弱飛来も、干潟に降りず、

画像

 慌てて記録も、海上を飛ぶ姿。不鮮明も、何とか残せる記録か?。

 ということで、その後もシギ・チドリ類の姿はなく、夙川河口に集まる
 コサギ多数に、ダイサギとアオサギ。河口だけで30羽超も集まって。

 防雨はしたけれど、気温が低く冷たい体感、無理せず帰路へとでした。
 
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

香櫨園浜 鳥だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる