ササゴイ ミサゴ 岩礁の上 ウミネコ 流木にも お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく

 朝から雨なし!、一週間振りのお隣の甲子園浜へ散歩に。

 小潮の満潮への時間帯、降雨が続き、大量の流木他が
 流れ着く、西宮市甲子園浜自然環境センター前東辺りで

 ササゴイが、少し出る岩礁帯沿いを、西へ移動していて。

P1990825A.jpg

P1990826A.jpg
 遠くの岩礁には、魚を採ったミサゴが、降下して来て。

P1990840A.jpg
 ササゴイがもう1羽、遠くの岩礁帯を東から西へ移動する
 のを見ながら、東端付近に行くと、流木にウミネコがいて。

P1990881A.jpg
 次の記録は、小潮の満潮11:16(潮位111)の
 1時間程前ですが、雨量が多く増水か?、砂州は出ず。

P1990879A.jpg
 カンムリカイツブリが2羽、まだ滞在中ですが、
 少数のカモ類と一緒に、超夏するのでしょうか?。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ツバメ 2回目の巣立ちも 近いのかな~最近の記録より~

 西宮市でも、大雨警報他が出る時もあるほど、雨が続き
 浜の遊人さんも、外出自粛!の日が、多くなっています。

 気になる香櫨園浜も、8日(水)以降は、お休みとなっ
 ていますので、最近の記録の中から、ツバメのお届けを。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 香櫨園浜の東端から、さほど離れていない場所に、ほぼ
 毎年同じ巣を利用して繁殖する、ツバメの巣があります。

P1990684A.jpg
 5羽の子ツバメがいるようです。2回目の子育てで、
 1回目は3羽が巣立ったようです。

P1990682A.jpg
 親がまだ餌を運んでいますが、親が巣立ちをうながす時も
 近いのかも知れません。 
             2020年7月8日記録。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子ガモ2羽 の カルガモ親子 どこにいたのか 梅雨時の大雨が続く 香櫨園浜

 夜中の大雨も止み、久々に晴れ間も出た、香櫨園浜。

 7月に入り、浜の遊人さんの記録から、消えていた
 子ガモ2羽のカルガモ親子が、梅雨の晴れ間に登場。

P1990907A.jpg
 孵化後、ひと月近くなるのでしょうか、大きくなって。

 夙川河口西側から、干潟を横切り、河口に入って行き。

P1990922A.jpg
 ウミネコが3羽いて、大きなカニを採った個体もいて。

P1990878A.jpg
 アオサギも日向ぼっこ、ダイサギとコサギは今日は少なく。

P1990887A.jpg
 満潮からの時間帯で、干潟があまり出ていなかったからか
 どうかは?ですが、コアジサシの親子には、出会えなくて。 

P1990857A.jpg
 上の記録は10時半頃でしたが、中潮の干潮は15:15
 (潮位24)でした。ササゴイの姿もなく。

 夙川沿いでも、セミの鳴き声が聞こえるようになっていますが、
 梅雨が明け、天候が安定するのは、いつ頃なのでしょうか?。

夏鳥 ササゴイはいたけれど コアジサシは小群れで お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく

 防雨姿も晴れ間あり、週末の散歩に、お隣の甲子園浜へ。

 まだ人出が少なかった10時前頃、西宮市甲子園浜自然
 環境センターの前辺りで、ササゴイが、魚を何度も狙い。

IMG_7804A.jpg
 東端近くの防潮堤に、もう1羽のササゴイが羽の手入れ中。

IMG_7961A.jpg
 砂州周辺では、カワウにアオサギとコサギが、魚を追って
 いましたが、コアジサシの小群れも、魚を狙い降下して。

IMG_7914A.jpg

IMG_7833A.jpg
 若い個体のようでしたが、ウミネコが10羽超、砂州で休息。

IMG_7911A.jpg
 羽でも痛めているのでしょうか、カモメが1羽、また砂州
 にいて、海上には、カンムリカイツブリが、まだ2羽いて。

コアジサシ 幼鳥 も 飛来 まだ餌の魚は 採れないのかな 香櫨園浜

 やはり梅雨時、9時過ぎ頃から、雨が降って来た香櫨園浜。

 幼鳥も少数混ざる、コアジサシが30羽程、干潟に降りて。

P1990502A.jpg

P1990562A.jpg
 まだ採餌できないようで、親が餌の魚を運ぶのを待っていて。

P1990588A.jpg
 次の記録は、夙川河口東側の様子ですが、中潮の干潮
(11:46、潮位23)前でしたが、干潟は広がって。

P1990637A.jpg
 今日もコサギ他のサギ類は多い日でしたが、ササゴイの姿なく。

 干潟周辺にいたウミネコは2羽でしたが、上空で少数が舞って。

夏鳥コアジサシ 徐々に増え ダイサギやカワウ は 西端に 香櫨園浜

 さほど気温も上昇せず、晴れ間も広がった香櫨園浜。

 少数が飛んでいたコアジサシ、中潮の干潮(11:03)
 頃には、20羽超程に増えて、干潟周辺で盛んに魚採り。

P1990406A.jpg

P1990405A.jpg
 東西に、広い範囲を移動しながら、採餌する個体もいて。

P1990359A.jpg
 夙川河口干潟には、人出があったからでしょうか?、20
 羽程のサギ類と50羽程のカワウは、西端付近に集まって。

P1990374A.jpg

P1990349A.jpg
 サギ類とカワウの一部は、徐々に移動して、減って行きまし
 たが、ササゴイの姿はなく。子ガモ2羽のカルガモ親子も?。

ウミネコ と ミサゴ 冬鳥の カンムリカイツブリがいて 香櫨園浜

 曇りで、雨は降らなかったけれど、風も吹いた香櫨園浜。

 ウミネコがミサゴを追うも、また夙川河口に戻って来て。

P1990116A.jpg

P1990181A.jpg
 カルガモは10羽ほどいましたが、子ガモ2羽の親子は?。

P1990134A.jpg
 西端付近には、冬鳥のカンムリカイツブリが、なぜかいて。

P1990252A.jpg
 コアジサシは5羽程、海上遠くを飛ぶも、干潟周辺には来ず。

P1990213A.jpg
 上の風景記録は、10時過ぎで、若潮の干潮は10:24の
 潮位は53でした。ササゴイの姿はなく。