カワアイサ 2羽 飛来 ウミアイサ の 姿はなく 香櫨園浜 

 朝から曇りがちで、風もあり、ひんやり感の香櫨園浜。

 ヒドリガモにオオバンはまだいるも、また少し減ったかな
 と、見渡していたら、カワアイサの雌雄が、干潟の石積に。

085A.jpg
 石積の上で休憩中だった雌、雄の呼び声で起き出したか?。

101A.jpg
 海上少し遠くを、夙川河口西側干潟から東側へ移動し休憩。

114A.jpg
 
269A.jpg
 その後また、西側に移動し、広がって来た干潟砂州で休憩。

 香櫨園浜へのカワアイサの飛来は、初記録となりました。
 (浜の遊人さんの、記録上では、ですが)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カイツブリ は いたけれど ヒドリガモ も 少なくなり 香櫨園浜

 朝ひんやりも、晴れて、過ごし易くなった香櫨園浜。

 海上に、カイツブリが2羽いたけれど、野鳥は少なく。

120A.jpg
 波打ち際近くの、海浜植物ハマゴウの群落から遠くて。

112A.jpg
 干潟の砂州で休むヒドリガモも、オオバンも10羽程に。

072A.jpg
 次の記録は10時頃でしたが、シギ・チドリ類の姿なく。

084A.jpg
 サギ類は、コサギとアオサギがいましたが、今日も少なく。

 中潮の満潮は、8:06(潮位130)、
 干潮が14:53(潮位20)でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒドリガモ オオバン サギ類 も 少なく 香櫨園浜

 晴れ間もあるも、曇り勝ち、風吹き、肌寒かった香櫨園浜。

 冬の渡り鳥のヒドリガモとオオバンはまだ滞在も、少数に。

086A.jpg

051A.jpg
 サギ類も少なく、コサギもいましたが、石積上には不在で。

076A.jpg
 ミサゴ飛来もすぐに移動、セグロカモメも降りて来ずで。

079A.jpg
 海上には、カイツブリ2羽がヒドリガモと一緒にいて。

 上の記録は10時前頃でしたが、中潮の満潮が7:46
 (潮位134)、干潮は14:17(潮位21)でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イソシギ は いたけれど ヒドリガモもオオバンも減って 香櫨園浜

 晴れて暖かくなったけれど、次第に曇って来た香櫨園浜。

 イソシギはいたけれど、他のシギ・チドリ類の姿はなく。

168A.jpg
 冬の渡り鳥のカモ類では、比較的多く残っていた
 ヒドリガモも、今日は10羽程しかいなくて。

107A.jpg
 オオバンも10羽程で、干潟や夙川河口周辺も少なくて。

113A.jpg
 アオサギやコサギはいたけれど、野鳥の数も種類も少なく。

101A.jpg
 上の記録は10時頃でしたが、大潮の干潮が13:09
 (潮位30)でしたので、その頃は、どうだったかーーー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旅鳥 シギ・チドリ類 の 飛来はまだかな お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく

 晴れも少しひんやり感、お隣の甲子園浜へ週末の散歩に。

 カモ類の大半は渡り去ったのか、ウミアイサ4羽がいた
 けれど、東端に近づくにつれ、目立ったのはサギ類で、
 アオサギ、コサギに、ダイサギもいて。

148A.jpg
 東端のメイン干潟付近にも、シギ・チドリ類の姿なく。
 (シロチドリがいたとの情報頂くも、移動したようで)

094A.jpg
 東端北側の鳴尾川河口の小砂浜に並ぶ、カモ類も少な
 くなり、コガモが比較的多く、まだ残っているようで。

098A.jpg
 西側の、西宮市立甲子園浜自然環境センターの前辺り
 のカモ類もヒドリガモが少数と、オオバンも少なく。

016A.jpg
 上の記録は10時半頃でしたが、1時間後程には、
 さらに大きく引いていて。

 大潮の干潮は、12:06(潮位53)でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミサゴ 魚採る 海上に カイツブリ 干潟に シマアジの姿はなく 香櫨園浜

 朝はひんやりも、晴れて青空、風も弱かった香櫨園浜。

 昨日出会ったシマアジは、今日もいるかな、と、見渡す
 も不在のようで、干潟の先で、魚を採ったミサゴがいて。

114A.jpg
 魚が跳ねる海上に、カイツブリ3羽が、西から東へ移動し。

166A.jpg
 少しづつ減っているようですが、干潟周辺で目立つのは
 ヒドリガモとオオバン(次の記録は、2羽だけですが)。

132A.jpg

187A.jpg
 シギ・チドリ類やカモメ類の姿なく。上の記録は11時前
 でしたが、中潮の干潮は、11:39(潮位68)でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旅鳥 シマアジ 飛来 干潟で採餌して 香櫨園浜

 晴れて、遠方は少し霞むも、暖かい体感の香櫨園浜。

 カモ類はヒドリガモとカルガモだけかな、と、干潟
 周辺を見渡していたら、シマアジの小群れ、8羽飛来。

271A.jpg
 雄(上の記録の右側)は、頭部の白い眉線と長く伸びた
 黒と白と青灰色に分かれた肩羽が、少し離れても目立ち。

215A.jpg
 雄が5羽と雌が3羽のようでしたが、夙川河口東側干潟
 から西側へ移動してから、雌雄2羽が6羽と少し離れて。

196A.jpg
 西側干潟の先端付近で盛んに採餌し、1羽だけ飛来して
 いた、ユリカモメと遭遇して、また東側へ移動して行き。

249A.jpg
 旅鳥のシギ・チドリ類の姿はなく、カイツブリがまた2羽。

 上の記録は11時前頃でしたが、中潮の干潮が12:28
 (潮位82)で、干潟は少しづつ、広がって来ていて。

 ということで、香櫨園浜への飛来は、極稀な、シマアジに、
 出会えて。単日の、休憩採餌の飛来なのかもーーー?。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー