ウミネコ が また1羽だけ 飛来 香櫨園浜

 梅雨明け後連日の猛暑、午前中から気温上昇の香櫨園浜。

 満潮からの時間帯、夙川河口や干潟周辺で、アオサギに
 コサギ、カルガモがいて、ウミネコが1羽だけ飛来して。

110A.jpg

076A.jpg
 ウミネコはどこかへ移動して、カワウもいなくなり、
 干潟の先端付近には、アオサギとカルガモだけに。

090A.jpg

052A.jpg
 上の記録は、9時半過ぎ頃でしたが、中潮の満潮は、
 7:01(潮位141)でした。

 水分補給を充分にして!、無理をせず、早めに帰路へと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2022年6月 の 鳥 香櫨園浜

 2週間ほどと短かった梅雨が、6月に早くも明けて、
 猛暑続きの月末となり、恒例の月度鳥情報のお届けを。

 カワアイサの雌雄ですが、浜の遊人さんの記録では、
 23日記録以降は出会わず、最初に記録したのが、

 4月25日でしたから、ほぼ2か月間いたことになり。

133A.jpg
 子ガモ6羽のカルガモ親子は、これも浜の遊人さんの
 記録ですが、16日記録以降は、その姿は確認できず。

033A.jpg
 次は、最初に出会った、5月9日の記録で、小さく!。

035A.jpg



  *** 2022年6月 香櫨園浜 鳥情報 ***


 ①カルガモ ②カワアイサ ③キジバト ④カワウ ⑤アオサギ
 ⑥ダイサギ ⑦コサギ ⑧コチドリ ⑨シロチドリ ⑩ウミネコ
 ⑪コアジサシ ⑫ミサゴ ⑬トビ ⑭カワセミ ⑮ハシボソガラス
 ⑯ハシブトガラス ⑰ツバメ ⑱コシアカツバメ ⑲ヒヨドリ
 ⑳ムクドリ ㉑イソヒヨドリ ㉒スズメ ㉓ハクセキレイ
 ㉔セグロセキレイ ㉕カワラヒワ



       <レッドデータ 該当種>

   〇 シロチドリ  兵庫県Aランク・環境省Ⅱ類
   〇 コアジサシ  兵庫県Bランク・環境省Ⅱ類
   〇 ミサゴ    兵庫県Aランク・環境省準絶滅危惧
   〇 カワセミ   兵庫県要注目


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シロチドリやコチドリ の 姿なく 大潮の干潮時 香櫨園浜

 近畿地方も早い梅雨明け、厳しい暑さと日差しの香櫨園浜。

 今月は少数だけれど、シロチドリとコチドリを記録したの
 で、いないかなと見渡すも、カルガモとコサギが目立って。

054A.jpg

037A.jpg

161A.jpg
 アオサギは、西端付近にいて。ツバメが干潟にも降りていて。

069A.jpg
 上の記録は、10時頃でしたが、大潮の干潮は、
 12:54(潮位24)でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カルガモはいたけれど 子ガモ6羽の姿はなくて 香櫨園浜

 風が吹くと、暑さは少しましも、やはり暑い香櫨園浜。

 干潮への時間帯、夙川側にも香櫨園浜側にも、子ガモ
 6羽のカルガモ親子も、カワアイサの雌雄の姿もなく。

073B.jpg

079A.jpg
 コサギにアオサギもいましたが、干潟周辺には少なくて。

068A.jpg

069A.jpg
 上の記録は、10時前後頃でしたが、大潮の干潮は、
 12:17(潮位31)でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カワセミ 夙川河口西側 西端付近で 魚採り 香櫨園浜

 風もあまり吹かず、昨日よりも、暑い体感の香櫨園浜。

 夙川側から香櫨園浜側の護岸辺り、そして干潟周辺を
 見渡すも、カワアイサも子ガモ6羽のカルガモ親子も

 不在で、西端付近を確認していたら、カワセミに出会う。

139A.jpg

133A.jpg
 魚を採って飲み込んだ後、水面近くの石の上に移動。

160A.jpg

193A.jpg
 あまり場所を変えずに、魚を狙っていましたが、すぐには
 採れないようでーーーーー。

 上の記録は、10時過ぎ頃でしたが、若潮の干潮が、
 10:40(潮位61)でしたので、浅い所も多く。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カワアイサの雌雄 また干潟に ウミネコがいて 香櫨園浜 

 一時曇るも、晴れて気温上昇、暑くなった香櫨園浜。

 子ガモ6羽のカルガモ親子の姿はなく、カワアイサ
 の雌雄が干潟にいて、ウミネコが1羽だけ飛来して。

089A.jpg

037A.jpg
 人が近づくと、一端干潟から離れ、また戻っていて。

134A.jpg

076A.jpg
 夙川河口以北では、コサギが盛んに、魚を追っていて。

 上の記録は、10時前後頃でしたが、長潮の干潮が、
 10:21(潮位73)でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カルガモ親子 も カワアイサ の 姿もなく 香櫨園浜

 風が少し吹くも、梅雨空で、蒸し暑かった香櫨園浜。

 カルガモは、夙川側から香櫨園浜側の護岸辺りには、
 15羽ほどいましたが、子ガモ6羽の親子の姿なく。

109A.jpg

012A.jpg
 干潟にも、カワアイサの雌雄の姿はなく、河口で
 アオサギが魚を狙っていましたが、コサギは西端に。

042A.jpg

053A.jpg
 上の記録は、10時前頃でしたが、小潮の満潮が、
 10:47(潮位120)でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー