アクセスカウンタ

<<  2017年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


2017年5月 の 鳥 香櫨園浜

2017/05/31 17:51
 旅をする渡り鳥のシギ・チドリ類も徐々に減り、夏日が続く干潟や
 海上には、夏鳥のコアジサシが見られるけれど、飛来する種類も

 数も少なくなる、夏季へと。5月も月末、月度鳥情報のお届けを。

 シギ・チドリ類は、ソリハシシギとトウネンが、少数が滞在しました
 が、常時観察されたのは、チュウシャクシギとキアシシギでした。

画像

画像

 両種共に、4月25日前後から約1ヶ月は出会え、最大飛来数は
 チュウシャクシギ(写真上)が13羽、キアシシギは17羽でした。

 ハマシギは10日前後に観察され、100羽超も三日間ありました。

 コアジサシは、観察日平均38羽と、昨年の22羽を上回りました。

   *** 2017年5月 香櫨園浜 鳥情報 ***

 @マガモ Aカルガモ Bオナガガモ Cキジバト Dカワウ 
 Eササゴイ Fアオサギ Gダイサギ Hコサギ Iダイゼン 
 Jシロチドリ Kチュウシャクシギ Lキアシシギ Mソリハシシギ 
 Nトウネン Oハマシギ Pユリカモメ Qコアジサシ Rミサゴ Sトビ
 21)ハシボソガラス 22)ハシブトガラス 23)ツバメ 24)ヒヨドリ
 25)ムクドリ 26)イソヒヨドリ 27)ハクセキレイ 28)セグロセキレイ
 29)カワラヒワ
 
記事へトラックバック / コメント


マガモ親子 子ガモ2羽 大きく育ち お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく

2017/05/31 12:46
 用事でいつもの香櫨園浜はお休みも、お隣の甲子園浜を
 通過して出かけることにし、ちょっと立ち止まりざっと見を。

 マガモ親子は元気かなと、東端付近へ。マガモ雄にカルガモ
 と単独で休息の岩場に、2羽がまだ成鳥サイズでないマガモ

画像

 親子も休息中。少しづつ登っては休み、徐々に親に近づいて。

 明日6月からは、4月〜5月と渡り鳥等の保護の為、立入禁止の
 措置があったエリア(環境省特別鳥獣保護区・西宮市生物保護区)

 も解除されますが、もともと人が入り難い環境ですので、マガモの
 子育ても、良い時期、良い場所であった(である)ことなのでしょう。
 
記事へトラックバック / コメント


冬鳥ユリカモメ 1羽 若鳥かな 夏鳥コアジサシと 香櫨園浜 

2017/05/30 14:03
 夏日の晴れも、PM濃度が高いのか、青空がかなり霞む香櫨園浜。

 満潮からの干潟、今日もユリカモメ1羽が、20羽ほどのコアジサシと。

画像

 夙川河口にも入って、採餌に羽つくり休息も、やはり1羽で寂しそう。

画像

 頭は黒と白のまだらも弱く、幼羽はほとんど目立たない個体ですが
 初めて越冬した幼鳥が、初めての夏を迎える、非繁殖個体でしょうか。

 昨年は6月中旬頃まで、1羽だけのユリカモメを記録しましたが、今年
 はどうでしょうか。比較的長期間飛来する、冬鳥のユリカモメですが。
記事へトラックバック / コメント


夏鳥 コアジサシ と ササゴイ シギ・チドリの姿なく 香櫨園浜

2017/05/29 14:42
 汗かくほどではないですが、陽差しが夏の体感に近づく香櫨園浜。

 干潟が引き出した昼前になっても(干潮15:50)、シギ・チドリ類
 はキアシシギの姿もなく、魚を採って、干潟に降りるコアジサシが。

画像

 20羽近くが飛び交うのを見ていたら、ササゴイが海上を通過して。

画像

 夙川河口の岩場も出ましたが、ササゴイが魚を採る姿は見られず。

 渡り鳥のシギ・チドリ類は、北の繁殖地へ、旅立ったのでしょうか?
 昨年はキアシシギが少数、6月上旬まで見られたのですが、今年は

 どうでしょうか。ミサゴは通過しただけ。ユリカモメがなぜか1羽いて。
 
記事へトラックバック / コメント


シロチドリ 探し お隣の甲子園浜で 香櫨園浜にもいて

2017/05/28 13:15
 5月も下旬の週末、渡り鳥の保護の為、4月5月と立入禁止エリア
 が設けられている、お隣の甲子園浜も、来月はそれも解除の時期。

 香櫨園浜ではシロチドリの記録は続いていますが、浜の遊人さんが
 甲子園浜を散歩の時は、出会ってないなと、思いついて、対岸へと。

画像

 波打ち際が引き出した頃、人出がない場所に、7羽がどこからか飛来。

画像

 波打ち際や砂浜で採餌して、砂浜で気持ち良さそうに休息する個体も。

 眼前の海上では、数羽のコアジサシが魚を採り、ツバメも飛び交って。
 トビ舞うも、ミサゴ通過せず。ハッカチョウが甲子園浜大橋上を北へと。

 特別鳥獣保護区辺りはどうだったのか?。用事で、対岸だけで帰路へ。
記事へトラックバック / コメント


アオサギ 抱卵中かな カイツブリ まだかな 満池谷のニテコ池 香櫨園浜でなく

2017/05/27 14:32
 用事で香櫨園浜はお休みも、少し山手に行ったので、夙川沿いを
 通り、満池谷のニテコ池に出て、ひと休みがてら、見渡していると、

 3月上旬に見た時は、巣材を集めていた噴水場!に、抱卵のよう。

画像

 見守るのは番の雄でしょうか、他のアオサギが近づくと、追い払い。

画像

 噴水が停止中?でしたら、独占の営巣で、少し離れたため池では、
 カワウやアオサギ他多数ひしめいていますので、賢い選択かも。

 近くにいたカイツブリ、巣は?ですが、雄がかなりアタックしていて。

画像

 水際に水草も多く、水面に営巣するカイツブリにも、いい環境かも。

 ということで、今日は香櫨園浜の記録ではありませんが、アオサギは
 まず常時観察、カイツブリも稀に観察できる、2種の紹介になりました。
 
記事へトラックバック / コメント


シロチドリ 採餌 コアジサシ 休息 大潮の干潟 香櫨園浜

2017/05/26 14:00
 昨日から一転、朝から晴れて、また夏日、暑い体感の香櫨園浜。

 5月も下旬、キアシシギは1羽だけいたけれど、チュウシャクシギ
 の姿なく、常連になっているシロチドリ3羽に、コアジサシ数羽だけ。

画像

 干潟で羽づくりするコアジサシに、もう1羽のシロチドリが接近して。

画像

 シロチドリだけでなくコチドリも多く飛来しても、餌場はあるのですが。

 ササゴイの姿なく、干潟の夙川の流れで魚を採る、コサギが元気で。

 山並みは青空に大きな雲、気持ち良い天候も、野鳥は少ない季節に。
記事へトラックバック / コメント


アオサギ 若鳥かな 小雨降る干潟 香櫨園浜 

2017/05/25 18:07
 天候のせいか、夏に向う季節だからか、アオサギ、ダイサギ
 コサギの留鳥が増え、特に目立ったのが、アオサギの若鳥

 らしき個体で、魚を狙ったり、干潟を移動したりして、休息も。

画像

画像

 サギ類では、夏鳥のササゴイは夏季に見られますが、これから
 の季節は渡り鳥が減り、留鳥のサギ類やカルガモが目立ちます。
 
記事へトラックバック / コメント


チュウシャクシギ まだ滞在 キアシシギ シロチドリ 雨模様の 香櫨園浜

2017/05/25 14:47
 昼頃にはほとんど止んだけれど、小雨が降り続いた香櫨園浜。

 シギ・チドリ類、チュウシャクシギはもう見られないかな、と思っ
 ていたところ、1羽だけでしたが、大潮の干潟で盛んに採餌して。

画像

 多く食べれたのか、少し休憩のよう。餌採るキアシシギと遭遇。

画像

 キアシシギが5羽、シロチドリが4羽。ハマシギはもう渡去した?。

 ササゴイが今日もいましたが、夙川河口を通過も、また降下せず。
記事へトラックバック / コメント


夏羽のダイサギ 採った魚は カレイかな 大潮の 香櫨園浜

2017/05/24 17:54
 今日はササゴイが2羽いたことを紹介しましたが、シギ・チドリ類は
 昨日と同じで、キアシシギ4羽にシロチドリが3羽だけと、もう少なく

 なったなと、干潟の周辺を見渡していたら、ダイサギが魚を採って。

画像

 美味しそうな、カレイのようです。大潮時は特に、干潟の先端周辺も
 浅瀬になりますので、良い餌場なのかも。近くには、アオサギも採餌。

 光線悪しの曇で、不鮮明ですが、夏羽の特徴の嘴黒く目先は緑青色
 になっています。背からの蓑状の飾り羽も出て、首下の羽も少し出て。

 ということで、今日はサギ類の紹介が続きましたが、夏鳥のアマサギ
 も記録したいのですが、香櫨園浜への飛来は、なぜか少ない種です。
記事へトラックバック / コメント


ササゴイ 2羽いたけれど 夙川河口へは来ず 香櫨園浜

2017/05/24 13:47
 曇りと思ったら、時々小雨で防雨姿、ちょっと蒸し暑かった香櫨園浜。

 大潮(干潮ー12:01)の干潟は大きく出るも、コアジサシも少なく
 キアシシギとシロチドリを見ていたら、ササゴイが海上を西へ飛翔。

画像

 西端の堀切川付近へ確認に行くと、1羽が海面見つめ、魚狙い中。

 芦屋市側も確認すると、もう1羽がいて。2羽が揃って欲しかったの

画像

 のですが、1羽がいる護岸に降りるも、すぐに西へ姿を消してしまい。

 ということで、ツーショットもなく、干潟周辺や夙川河口で魚を採る姿も
 記録できず。一緒に採餌することは、香櫨園浜ではまずないのですが。
記事へトラックバック / コメント


コアジサシ 魚を運ぶ干潟 繁殖期の夏へ 香櫨園浜

2017/05/23 14:50
 朝少し曇りも、また夏日になり、日に日に陽差しが強い香櫨園浜。

 春の渡りのシギ・チドリ類も終盤で、キアシシギも減るがまだ4羽
 いるな、シロチドリは3羽と見渡していると、コアジサシが干潟の

画像

 先端に集まる。魚を採った雄、雌が魚を受け取ってくれたようで。

 水浴びしたり休息もしますが、何度も魚を採りに行き来する姿も。

画像

 キアシシギも磯場だけでなく、干潟の先端他、広い範囲で採餌中。

 ササゴイは、西から東へと海上遠く飛び、残念ながらどこかへ移動し。

 カルガモはのんびりお休み中、カルガモ親子の登場はどうでしょうか。
 
記事へトラックバック / コメント


シロチドリ と キアシシギ チュウシャクシギの姿なく 5月も下旬へ 香櫨園浜

2017/05/22 13:46
 快晴で、夏日の暑い体感も、吹く風が暑さを和らげる香櫨園浜。

 干潟が広がる中潮の干潮(10:56)への時間帯、シロチドリが
 3羽とキアシシギは9羽いたけれど、チュウシャクシギの姿なく。

画像

画像
 
 キアシシギは、盛んにカニを採餌。近づく長旅へ、大切な栄養補給。

画像

 チュウシャクシギも、早朝にはいたのかも知れませんが、例年20日
 を過ぎた頃に減り、続いてキアシシギも減る、5月も下旬への干潟。

 コアジサシは20羽ほどいましたが、先週は2羽いたユリカモメの姿
 はなく、ミサゴが2羽同時に飛び交うも、魚は採れず何処かへ移動。
記事へトラックバック / コメント


アカエイ かな 大きな 甲子園浜で 釣り糸に 香櫨園浜でなく

2017/05/21 18:59
 野鳥の紹介ではないですが、今日の甲子園浜で出会ったお話を。

 8時半ころだったでしょうか、西宮市甲子園浜自然環境センター前
 辺りの磯場に、ハマシギ他飛来していないかな、と、見渡していたら、

画像

 何やら釣れたのか、釣り人が磯場の方に、慎重に?、戻って来て。

画像

 大きなアカエイだったのでしょうか?。香櫨園浜でも、昨年の今頃
 小さなアカエイが夙川河口に流れ着いていましたが。ナルトビエイ

 かな、とも思ったのですが、以前、香櫨園浜に流れ着いた時に見た
 裏側の縁辺りが、黄色っぽくなかったので、大きなアカエイかなと。

 キャッチ&リリース?。外れたようで、浅瀬から、姿を消しましたが。
記事へトラックバック / コメント


チュウシャクシギ 休む 水門工事中の今津港 香櫨園浜にも近く

2017/05/21 17:00
 今日は甲子園浜で、マガモ親子に出会ったことを紹介しましたが、
 その前に寄った今津港で、チュウシャクシギ3羽が休憩中でした。

 
画像

 何とか2羽が写っていますが、左奥に1羽の嘴と頭が見えました。

画像
 
 土留めの矢板で囲われていますので、砂浜側からも今日記録した
 
 場所からも、不明な位置が多いですので、もっと居たのかもしれま
 せん。7日にはキアシシギも紹介しましたので、どこかに居たかも。

 特に工事がない休日や夜間は、安全安心な場所かもしれませんね。
記事へトラックバック / コメント


マガモ親子 子供大きくなって お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく

2017/05/21 13:26
 いつもの香櫨園浜はお休みにして、シギ・チドリ類は、ササゴイは
 マガモ親子はどうかな、とか思いながら、お隣の甲子園浜を散歩。

 若潮の干潮(10:49)への時間帯、キアシシギとコチドリだけかな
 チュウシャクシギは?、と、ざっと見していると、マガモ親子に遭遇。

画像

 2羽がかなり大きくなっていて、ふ化後、約1ヶ月経過のサイズかも。

画像

 東端の鳴尾川河口辺りで、盛んに採餌していました。雄の姿はなく。

 カルガモはいましたが、親子の姿はなく。交雑種には、要注意ですが。

 ササゴイが1羽、河口に入り込み、何処かにいたのかも。気のせいか
 遠くで、チュウシャクシギの声がしたような?。これは、気のせいでは

 なく、ハヤブサが北西へと通過。ミサゴ1羽は岩場で、魚食中でしたが。
記事へトラックバック / コメント


夏鳥ササゴイ ようやく登場も すぐに飛んで 香櫨園浜

2017/05/20 16:02
 今日は気になる、ソリハシシギやトウネン他シギ・チドリ類の
 様子を紹介しましたが、夏鳥では毎年記録する、サギ類の

 ササゴイも気になっていましたが、ようやく護岸近くに止まり。

画像

 今週は2度、海上を横切る姿は確認していたのですが、干潟
 周辺にも来ず、ようやく止まる姿に出会うも、すぐに飛んで行き。

 近いうちに、夙川河口付近で魚を採る姿も、見られるでしょうか。
記事へトラックバック / コメント


トウネン と キアシシギ シロチドリ チュウシャクシギ 長潮の干潮時 香櫨園浜

2017/05/20 14:13
 週末だけど、ソリハシシギやトウネン他が、気になり香櫨園浜へ。

 出遅れた8時半頃、干潟にはチュウシャクシギとキアシシギだけ
 で、夙川河口西側を確認も、ソリハシシギは?で、干潟に戻ると

画像

 トウネンが1羽、盛んに採餌して、キアシシギやシロチドリに遭遇。

画像

 ソリハシシギはまた?、河口の海より遠い北側にも、キアシシギが
 1羽が入り込んでいるだけで、干潟周辺にもキアシシギだけが8羽。

 週末の人出も、比較的干潟に入る人は少なかったですが、5羽いた
 チュウシャクシギは分散してしまい。キアシシギは13羽いましたが。

 干潮11:13(潮位85)で、潮が満ちてきた午前中の香櫨園浜でした。
 
記事へトラックバック / コメント


ソリハシシギ は まだ滞在 カニ採る チュウシャクシギとキアシシギ 香櫨園浜

2017/05/19 14:39
 雲一つないほどの快晴、気温は少し上昇も、5月の暑さの香櫨園浜。

 干潟にはチュウシャクシギが1羽、コアジサシも少なく、昨日3羽いた
 トウネンの姿もなく、ソリハシシギはまた、西端の堀切川辺りかな、と

画像

 夙川河口西側の波打ち際を確認しながら行くと、まだ滞在中でした。

 キアシシギ10羽ほどと、採餌したり休息したりして。チュウシャクシギ

画像

 は、この辺りに2羽、少し離れて採餌。小潮も護岸が出て、食欲旺盛。

画像

 再度、干潟周辺に戻るも、やはりトウネンの姿はなく、キアシシギ1羽
 だけが、河口に入り採餌し、1羽だけのユリカモメとコサギに遭遇して。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今日は、奈良から来られたという方に、お会いしました。奈良は海がない
 ということで。甲子園浜も隣ですし、香櫨園浜の西端はもう芦屋市に隣接

 していますし、自動車でしたら、神戸や大阪方面に移動してもそう遠くなく。
 どこへ行かれたのやら。遠方からお疲れ様です。また、お会いしましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事へトラックバック / コメント


コアジサシ に ミサゴ 魚採る 絶滅危惧種 香櫨園浜

2017/05/18 18:08
 5月も中旬を過ぎ、春の渡り(繁殖地への北上)途中で、栄養補給
 や疲労回復で立ち寄る、ハマシギやソリハシシギ他のシギ・チドリ

 類の飛来期も終盤に差しかかる頃、夏鳥のコアジサシも、近くの
 繁殖地へ移動するのか、魚を採る姿も、同じように減って行きます。

画像

画像

 ホバリングして、水面へ突入しても、必ず採れることもない様子です。

 こちらは、猛禽類の魚食で有名な、留鳥のミサゴ。こちらも、何回も

画像

 突入する姿が見られますが、今日は比較的早く、大きな魚が採れた
 ようで、青空の中、徐々に高く上がり、山の方へ、消えて行きました。
 
記事へトラックバック / コメント


トウネン が 干潟に ソリハシシギ も いたけれど 昼頃の 香櫨園浜 

2017/05/18 14:50
 朝から青空快晴、夏日に近いも、汗ばむほどでもない香櫨園浜。

 少し出た小潮の干潟、シギ・チドリ類は、トウネン3羽だけが採餌。

画像


画像

 干潟には、ユリカモメの若鳥1羽と、コアジサシが20羽ほどだけで。

 干潟の出方が小さかったかどうか?ですが、昨日もいたソリハシシギ

画像

 とキアシシギ、チュウシャクシギは、西端の堀切川辺りで採餌中でした。

 再度、干潟周辺の確認に戻るも、干潟にはトウネンだけ。写真を撮る
 人が増え(コアジサシ狙いでしょうか)、トウネンも何処かへ移動して。
記事へトラックバック / コメント


ソリハシシギ に トウネン チュウシャクシギ キアシシギ も 小潮の干潟 香櫨園浜

2017/05/17 15:36
 夏日の気温ではなかったけれど、晴れて暑く感じた香櫨園浜。

 小潮(満潮7:12)の干潟、12時頃に餌場となる磯や砂地も
 出て、トウネンもいるなと見渡していたら、ソリハシシギがいて。

画像

 ソリハシシギは、9日以来の記録。キアシシギとも一緒に採餌。

画像

 ソリハシシギは、トウネンとも遭遇。トウネンは2羽しかいなくて。

画像

 餌採る、チュウシャクシギとトウネン。トウネンは、かなりサイズ小で。
 
 干潟周辺には、チュウシャクシギは3羽、キアシシギは8羽いました。
 ハマシギの飛来は、この時はなし、干潮(17:27)時はどうかは?。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 コアジサシの撮影に来られる方もあるようですが、今日も少なくて。
 ミサゴの撮影も人気があるようですが、この時間帯の、飛来はなく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事へトラックバック / コメント


チュウシャクシギ と キアシシギ 満潮時で お休み中 香櫨園浜

2017/05/16 13:56
 晴れて暑くなると思ったけれど、曇り勝ちで風が涼しい香櫨園浜。

 満潮時(満潮8:50)だけど、ひょっとしてシギやチドリが立寄って
 いないかなの期待も、カワウ数羽に、ユリカモメの若鳥が1羽だけ。

 西端の堀切川辺りを確認すると、チュウシャクシギとキアシシギが。

画像


画像

 この辺りには、チュウシャクシギ2羽にキアシシギが8羽、コアジサシ
 が数羽飛び交っていましたが、香櫨園浜全域でも、コアジサシが減り

 つつあるようで。繁殖場所近くへ移動か?、例年この時期に減少傾向
 だけれど、と、思いながら、夙川河口干潟に戻るも、チュウシャクシギ

画像

 もいなくて。昼頃から干潮(16:39)頃には、ハマシギ他の飛来もあっ
 たかも知れませんが、今日もまた用事があり、早退で帰路へとでした。
記事へトラックバック / コメント


トウネン も ハマシギの群れに 驚いたのかな 香櫨園浜

2017/05/15 13:31
 5月も中旬、夏日続きの日焼けも、吹く風が気持ち良い香櫨園浜。

 用事で遅出の10時過ぎ、西端の堀切川付近で、チュウシャクシギ
 3羽とキアシシギ8羽を確認し、干潟の戻ると、トウネンがまた3羽。

 採餌するトウネンを記録していたら、急にハマシギが100羽超飛来。

画像


画像

 驚いたのか、トウネンが少し右往左往。浜の遊人さんも、ハマシギの
 突然の飛来に驚き、記録していたら、急に舞い上がり、短い滞在で。

画像

 シロチドリが3羽。 コアジサシは減ったのか?、20羽程。ユリカモメも
 1羽だけ。干潮が15:56(中潮)でしたので、ハマシギもまた戻ったのか

 コアジサシ他も増えたのか?ですが、また用事で、香櫨園浜を早退して。
記事へトラックバック / コメント


夏鳥ササゴイ 魚採る 引き潮時 お隣の甲子園浜 香櫨園浜は

2017/05/14 16:16
 いつもの香櫨園浜を気にしつつ、週末のお隣の甲子園浜散歩は
 用事があり、お昼頃からになり。干潮が15:17(中潮ー潮位20)

 で、引き潮時。香櫨園浜ではまだ出会えぬ、ササゴイが登場して。

画像

 採れないトライもあるようですが、まずまず確率は高く見えましたが。

画像

 東端の鳴尾川河口の小砂浜前の、出始めた磯場には、キアシシギに
 イソシギ、コチドリも採餌していて。ササゴイは魚採りで、競合せずに。

 ここより南のメイン干潟も、かなり広がって来て、チュウシャクシギに
 キアシシギ、キョウジョシギも盛んに採餌。ハマシギの飛来はなくて。
記事へトラックバック / コメント


ダイゼン トウネン ハマシギは また100羽超 雨の週末 香櫨園浜

2017/05/13 16:26
 大小の雨が降り続いたけれど、昼前には傘なしですんだ香櫨園浜。

 豪雨は避けて、雨中の9時過ぎ、人気のない干潟では、餌採る野鳥
 には好環境。ハマシギがもういるなと見ていたら、珍しくダイゼン1羽。

画像

 若鳥でしょうか、夏羽の成鳥がいないかと見渡すも、1羽だけでした。

 徐々に増え、盛んに採餌するハマシギに混ざり、トウネンが3羽いて。

画像

 しばら待ってみたものの!、3羽はそろってくれず、ようやく2羽記録。

 ハマシギは130羽近くまで増えるも、舞い上がった後、一部分散して。

画像

 シロチドリは3羽、チュウシャクシギが5羽、キアシシギ15羽、干潟に。
 コアジサシは80羽超、アジサシの姿なく。ユリカモメは、20羽超だけ。

 もしやもしやの、ソリハシシギやオオソリハシシギは残念ながらでした。

 野鳥の旺盛な採餌を見ていたら空腹感!、雨も止んできて、人気も
 なく、好条件でしたが、干潮(14:04−中潮)を待たずに、帰路へと。
記事へトラックバック / コメント


ハマシギ の 群れ 5月初の100羽超 大潮の昼頃 香櫨園浜  

2017/05/12 15:45
 夏日で晴れていたけれど、天候下り坂か曇って来た香櫨園浜。

 チュウシャクシギ4羽、キアシシギは16羽いたけれど、干潟に
 少なく分散、シロチドリも1羽だけかな、と、一通り見渡した昼前

画像

 大きく広がり始めた(干潮14:04)干潟の先端に、ハマシギ飛来。

画像

 猛烈な勢いで、採餌を始めていました。106羽まで確認で、5月
 は初めての、100羽超の飛来。4月の160羽超には、及ばずで。

画像

 人の大声やウインドサーフィンなどの走行音にも、敏感なようで
 ウェイクボード船が近くで止まり、飛び上り、何処かへ消えて行く。
 
 ということで、夙川河口東西を移動する群れの姿も見たかったの
 ですが。ユリカモメは100羽超舞い戻り、コアジサシも飛び交って。
記事へトラックバック / コメント


夏鳥 コアジサシ 新しい命の営み 大潮の干潟 香櫨園浜 

2017/05/11 15:01
 夏日の気温も、汗ばまず快適、初夏の風が流れる香櫨園浜。

 干潟が大きく広がり、60羽超いたコアジサシの多くが、干潟に
 集まっていたので、この時期だけの営みを、ちょっと追っかけて。

画像


画像


画像

 (2枚目の体勢になるまで、とても長く寄り添い、3枚目は一瞬!)

 シギ・チドリ類は、キアシシギが最多となる17羽、チュウシャクシギ
 は5羽、ハマシギは今日も5羽だけ。ソリハシシギはまたいないよう。

 ササゴイ、まだ飛来せず。ユリカモメは昼頃増えて、100羽超になり。
記事へトラックバック / コメント


ハマシギ も 少数 ソリハシシギの姿なく 昼過ぎの大潮 香櫨園浜

2017/05/10 15:19
 雨になるかなと防雨姿で出かけたら、時々晴れ間の香櫨園浜。

 昨日は小雨の中、60羽超のハマシギが飛来したので、期待も
 どこにいたのやら?、5羽だけの出会い。シロチドリも2羽だけ。

画像

 キアシシギが14羽はいましたが、ソリハシシギは混ざってなくて。

画像

 チュウシャクシギも7羽はいて、干潟や波打ち際で盛んに採餌して。

画像

 カニを好むチュウシャクシギとキアシシギは、まず会えるのですが。

 今日も目立ったのは、コアジサシとユリカモメ。非繁殖個体がまだ
 渡り去らないのか、ユリカモメは徐々に増えて、100羽近くになり。

 ということで、複数羽のソリハシシギが、飛来すればいいのですが。
記事へトラックバック / コメント


ハマシギ コアジサシ 海上 ツバメ 砂浜 飛んで飛んで 香櫨園浜

2017/05/09 20:01
 今日はソリハシシギが飛来し、ハマシギが60羽超、コアジサシは
 100羽超集まり、数多くが混在した記録を、残したかったのですが、

 そうそう複数種が、かたまって飛び回るということはなく、なんとか

画像

 ハマシギとコアジサシ、ユリカモメの、各々少ないですが記録できて。

 翼の長さで大小には見えますが、ハマシギはかなり小さく見えます。

 砂浜に目を移すと、海浜植物のコウボウシバやハマヒルガオ、その他
 
画像

 の植物帯には、夏鳥のツバメが飛び交って。ムクドリやスズメは常連。

 春の旅鳥もこの時期だけですので、コアジサシとアジサシの混群の
 飛んで飛んでも記録したいですが、アジサシは飛来するのかどうか。
 
記事へトラックバック / コメント


ソリハシシギ も 初飛来 小雨の大潮 香櫨園浜

2017/05/09 15:15
 天気予報は午後の雨も、防雨姿、昼前から雨になった香櫨園浜。

 10時頃にはかなり引いていた、大潮(12:20−潮位35)の干潟
 に、チュウシャクシギ、キアシシギ、ハマシギにシロチドリを、確認

画像

 していたら、ソリハシシギ(兵庫県絶滅危惧種Bランク)が1羽いて。

 干潟の先端を、かなり移動して採餌。チュウシャクシギとも遭遇。

画像

 複数羽いないかと見渡すも、単独。ハマシギは3羽だけでしたが
 昼頃に60羽超の群れが飛来。キアシシギ10羽にチュウシャクシギ

 が7羽、シロチドリは4羽だけ。トウネンやメダイチドリは、姿なくて。

 コアジサシが雨と共に増えて、100羽超。ユリカモメも50羽近くに。
 ミサゴが舞うも、カラスがスクランブル。ツバメが普段より多く飛んで。
記事へトラックバック / コメント


チュウシャクシギ 水浴び キアシシギ増えて 連休明けの干潟 香櫨園浜

2017/05/08 14:35
 夏日の汗ばまない晴れも、PMか黄砂か、山が霞む香櫨園浜。

 干潟が広がった、干潮(11:49−中潮)も近づいた頃、干潟の
 先端付近で、チュウシャクシギが水浴びの後、干潟へ上陸して。

画像


画像

 チュウシャクシギは4羽いて、キアシシギが今春最多となる14羽。

 干潟周辺に6羽、河口に入る2羽、河口西側磯場に6羽と、離れて。

画像

 干潮時間を過ぎても、お待ちかね?のハマシギやトウネンの姿なく。

 コアジサシは40羽超、魚採りや干潟に。ユリカモメが、まだ滞在中。
記事へトラックバック / コメント


ハッカチョウ 今津港近くの市街地で 今年も出会う 香櫨園浜でなく

2017/05/07 19:18
 今日は香櫨園浜のお隣、甲子園浜と今津港(今津西浜)を散歩
 していたことを紹介しましたが、今津港近くで、昨年に続き今年も

 また、ハッカチョウに出会いました。1羽でしたが、2羽いたのかも。

画像

 まだ開店していない商業施設の植え込みで、何やら食べているよう。

 電柱や看板、店舗の屋根に止まったり、周りを伺い、建物上を飛び。

画像

 ムクドリと同じ仲間。少し大きく、額に冠羽があり、飛ぶと白い風切り
 羽が目立ちます。昨年は、4月24日に今津港で2羽、5月7日には

 今日と同じ場所に2羽いたことを紹介しています。この辺りが住所?。
記事へトラックバック / コメント


キアシシギ 水門工事中の今津港にも 甲子園浜と香櫨園浜の中間辺り

2017/05/07 16:19
 今日は甲子園浜を散歩でしたが、水門工事中の今津港にも
 立ち寄って。例年、チュウシャクシギやキアシシギが、見られ

 ますので、工事中なのでどうかな?でしたが、キアシシギ1羽。

画像

 浚渫され積み上げられた、土砂の上で、お休み中のようでした。

 近くには、ホシハジロが1羽、残留?。アオサギとカワウが少数。

画像

 砂浜とその周辺の護岸は残っていますが、釣り人や犬の散歩が
 あったからかは?ですが、砂浜にはチュウシャクシギの姿はなく。

 上の写真の看板裏沿いは、石積み護岸が続いていましたが、
 工事車両の通行道となり、餌場が減っているとは、言えるかも。
記事へトラックバック / コメント


チュウシャクシギ と コチドリ だけのメイン干潟 甲子園浜 香櫨園浜は

2017/05/07 14:02
 週末恒例?の、お隣の甲子園浜を散歩。晴れたけど、山が霞み
 昨日観測された“黄砂”が、近畿地方でも観測された為なのか、

 と山を見ながら、西宮市甲子園浜自然環境センター前辺りでは
 コチドリが3羽採餌中(9時頃はまだ人出少なく)。東端付近で

画像

 チュウシャクシギ2羽に出会う。1羽がカニを採り、近くにイソシギ。

 鳴尾川河口付近で、キアシシギとコチドリ2羽。香櫨園浜にはまだ
 飛来がない、ササゴイやキョウジョシギを探し、遠く小さく!記録。

画像

 メイン干潟〈環境省特別鳥獣保護区・西宮市生物保護区〉)が少し
 出始めたので、干潮(11:26−潮位62の中潮)頃まで、様子を

画像

 見ることにしましたが、チュウシャクシギとコチドリだけが、採餌に。

 周辺には、コアジサシが飛び交っていましたが、昨日の香櫨園浜
 で出会った、ハマシギやトウネンの群れを期待も、干潟が大きく

 広がらない潮位からかどうか?ですが、昼前頃までは飛来なしで。

 4日に紹介しました、マガモの親子は?。どこかにいたのでしょうが。
 
記事へトラックバック / コメント


トウネン 飛来 ハマシギ キアシシギ チュウシャクシギ 小雨の若潮 香櫨園浜

2017/05/06 15:44
 昨日は立夏で夏の気配だったけれど、今日は小雨降る香櫨園浜。

 9時頃は、ハマシギが4羽、チュウシャクシギは3羽だけでしたが
 干潮(12:23)近づいた頃、トウネンが初飛来。3羽しかいません

画像


画像
 
 でしたが、香櫨園浜への飛来は、近年は極稀になっている種です。
 
 ハマシギも20羽程の群れが2群増えて、40羽超になっていました。

画像

 干潟周辺で、盛んに採餌。大群の期待も、干潮を過ぎても増えず。

 キアシシギは、7羽いて。例年、5月に増えるのですが、今後は?。

画像

 夙川河口へも移動して、水浴びしたり、休息したり、採餌したりと。

 コアジサシは40羽超、アジサシの姿なく。ユリカモメが20羽超いて。
記事へトラックバック / コメント


アジサシ の 群れ 潮芦屋海岸 香櫨園浜から遠くなく

2017/05/05 16:39
 今日は香櫨園浜から、久々に芦屋市の潮芦屋海岸(人工海浜)に
 アジサシと出会えたら良いな、と、ゆっくり30分ほど自転車操業を。

 コアジサシが30羽くらいかな、多くないなと、よく見ると、コアジサシ
 より大きくて嘴が黒いアジサシも30羽ほど。出会えてラッキーで。

画像


画像

 ここも人出が多い海岸ですが、海上のアジサシ類は、無関係のよう。

 アジサシやコアジサシは、かなり遠距離でしたが、8羽のキアシシギ
 は、比較的近くで記録できて。釣り人も多いようで、護岸沿いを移動。

画像

 他のシギ・チドリ類は、イソシギを見ただけで、オバシギには出会えず。

 冬鳥では、ユリカモメが数羽いて、東側の磯場には、カモ類のスズガモ
 とオオバンが少数いましたが、渡り去らずに、越夏するのでしょうか?。
記事へトラックバック / コメント


キアシシギ と チュウシャクシギ 少数 連休中の 香櫨園浜

2017/05/05 13:49
 人出の多い連休中、野鳥は?を承知で、浜の様子見に香櫨園浜。

 今日も出遅れた8時頃、長潮の干潟には、シギ・チドリの姿はなく
 西端の堀切川辺りに、キアシシギとチュウシャクシギが各2羽だけ。

画像


画像

 “どこかゆっくり採餌できる場所は?”、と、見ているようにも思えて。

 チュウシャクシギ1羽は干潟へ行きましたが、すぐに移動してしまい、
 ユリカモメとカルガモが少数いて、コアジサシは飛び交っていましたが。

 芦屋市の潮芦屋海岸まで散歩して、11時過ぎに、またざっと見渡しま
 したが、チュウシャクシギが1羽だけで、キアシシギの姿は見つからず。
記事へトラックバック / コメント


マガモの親子 ようやく見られた お隣の甲子園浜 香櫨園浜でなく

2017/05/04 18:51
 今日は連休の休日、人出の多い香櫨園浜は滞在時間が短か
 かったので、昨日は出会えなかった、マガモの親子を探しに?

 お隣の甲子園浜へ、珍しく!同日の散歩へと、足を伸ばしました。

 コアジサシは多く飛び交っているけれど、チュウシャクシギ1羽だけ
 かな、またコチドリに出会えた、と、東端付近で、マガモ親子探しを。

画像

 子供は、減ってしまったのか?、2羽だけしか、見えませんでした。

 雄が近くにいましたが、両親なのかは?。付近には、もう1羽雄が。

画像

 カルガモではない!ようでしたが、交雑種も多いようで、要注意です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 昨日は遠距離で、良く記録できなかったササゴイ。今日もいましたが
 さらに遠くを移動して残念。香櫨園浜にも飛来を、期待しましょう!。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
記事へトラックバック / コメント


チュウシャクシギ 波打ち際や植物帯にも 小潮の干潟 香櫨園浜

2017/05/04 14:22
 青空快晴の祝日の連休、半袖半ズボンの季節になった香櫨園浜。
  
 人出が少ないであろう?、と、早朝に行く予定が出遅れた8時頃、
 結構人も犬も多く、1羽いたチュウシャクシギも飛び、4羽が西側に。

画像

 1羽は波打ち際で、カニではなく、貝のアサリをくわえていました。

 残る3羽の内の1羽が、カニをくわえて、なぜか?、植物帯へ移動。
 2羽がそれを追って、近くに上陸!も、これもまた何処かへ移動して。

画像

 キアシシギはどうかと、西端の堀切川辺りまで確認するも、貝のカキ
 を捕るグループがいて、そのせいかどうか?も、見当たらず残念で。

 コアジサシは20羽弱が、盛んに魚を採り、ユリカモメが10羽ほどいま
 したが、早々に引き上げることに。とういことで、その後の状況はー?。
記事へトラックバック / コメント


チュウシャクシギ オオソリハシシギは と お隣の甲子園浜へ 香櫨園浜でなく

2017/05/03 13:47
 いつもの香櫨園浜を気にしながら、香櫨園浜にはまだ飛来して
 いない、オオソリハシシギや夏鳥のササゴイはいるかな?、と、

 潮かげん!悪し(小潮)を承知で、お隣の甲子園浜をざっと散歩。

 東端付近のテトラポットに、チュウシャクシギが1羽いるなと見て

画像

 いたら、もう3羽いたのが飛翔。大あわての記録で、2羽だけ写り。

 鳴尾川河口により近い岩場に移動、近くにはキョウジョシギがいて。
 ササゴイにも出会えましたが、あいにくの遠さで、あまり記録できず。

 オオソリハシシギはいないようと、西側の西宮市自然環境センターの

画像


画像

 前辺りの磯場には、コチドリが採餌中、少し離れてキアシシギが2羽。

 まだ人出が少ない時間帯でしたが、ここ辺りにも、オオソリハシシギ?。

 コアジサシはけっこう飛び交っていましたが、目に入る近い範囲には
 シギ・チドリの姿なく。よくお会いする親切な方が、“マガモ!の親子が

 いますよ”と。東端付近で見渡すも、雄がいて。どこかにいたようです。
記事へトラックバック / コメント


チュウシャクシギ と コアジサシ キアシシギはお休み中 香櫨園浜

2017/05/02 14:49
 五月晴れかな、青空快晴、気温も夏日にはならなかった香櫨園浜。

 小潮の干潟にシギ・チドリ類は不在、チュウシャクシギが1羽だけ

画像

 夙川河口西側にいたけれど、昼頃も、昨日のように複数羽来なくて。

 干潟周辺には、コアジサシとユリカモメ。共に20羽ほどと少なくて。

画像

 キアシシギは5羽いましたが、西端の堀切川辺りで休息、動きなくて。

画像

 さて、明日から学校も休みの5連休、人出はさらに増しても、野鳥は?。

 立入制限エリアがあるお隣の甲子園浜で、ストレス無く観察がいいかも。
記事へトラックバック / コメント


コアジサシ 受け取ってほしいな この魚 香櫨園浜

2017/05/01 17:23
 今日は先に、チュウシャクシギとキアシシギを紹介しましたが
 夏鳥のコアジサシも、海上を飛び交い、干潟にも、50羽程が。

 “大き目の魚採ったよ、気に入ってほしいな、どうかな、これは”

画像

 “早く伴侶になって、渡り来た大仕事の子育てを一緒にしよう”

画像

 気に入ってもらえなかったようです。この後、魚をくわえて移動し。
記事へトラックバック / コメント


チュウシャクシギ と キアシシギ 5月のスタート シギ・チドリ 香櫨園浜

2017/05/01 14:44
 雨具なしの一時小雨に驚くも、夏日の晴れ、5月になった香櫨園浜。

 チュウシャクシギ、満潮(9:30)時は西端に2羽だったけれど、昼前
 に、広がり始めた干潟に7羽飛来。夙川河口の東西を移動して採餌。

画像


画像

 キアシシギは4羽で、西端の堀切川付近で採餌し、干潟には飛来せず。

画像

 5月のスタートのシギ・チドリ類は、チュウシャクシギとキアシシギだけで。

 コアジサシは徐々に増え、50羽程に。ユリカモメ少なく、ミサゴが舞って。
記事へトラックバック / コメント


<<  2017年5月のブログ記事  >> 

トップへ

香櫨園浜 鳥だより 2017年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる